News

本学卒業生に総務大臣奨励賞が授与されます

投稿日:

 本年3月に本学を卒業しました白石拓也君、工藤佑平君、伊藤亮君の3名が在学時(当時3年)に制作したドキュメンタリー作品「温泉街に、あかりをつけて。」(2014)に対し、「地域発デジタルコンテンツ」総務大臣奨励賞が授与される運びとなりました。

 総務大臣奨励賞とは、総務省が主催する平成28年度「電波の日・情報通信月間」記念中央式典にて、情報通信の発展に貢献した個人及び団体並びに、デジタルコンテンツ及びオープンデータの今後の創作活動が期待される者に対して送られるものです。

 本学卒業生の3名を代表し、白石拓也君が、6月1日に帝国ホテルで開催される同式典に出席します。

 映像作品の舞台である豊富温泉が開湯90周年を迎える今年、学生がこのように地域と密着して制作した作品が名誉ある賞に輝くことができましたのは、何よりもこれまで映像制作にご協力いただいた豊富温泉並びに豊富町の地域住民の皆さまのおかげと考えております。心より深く感謝申し上げます。