News

北海道映像コンテスト2016で最優秀賞

 北海道内の優れた映像作品を選ぶ「北海道映像コンテスト2016」(道映像関連事業社協会主催)において、4年生の坂川秀代・濱田里実・保坂彩華さん・藤澤翔太君が制作した「私たちは、【カラフト】を知らない。」が学生部門で最優秀賞に輝きました。

 6月30日に表彰式が行われ学生が参加してきました。
 表彰式後の講評の中で、私たちは、【カラフト】を知らないについては、「引揚者としては良いとは言えない樺太からの引揚の思い出を、活き活きと話してくれる。これはマスコミでは撮れない。家族だから、学生だからできたドキュメンタリーだ。」と講評をいただきました。

 この場をお借りして、制作にご協力いただきました皆様方に深く感謝いたします。

 なお、「私たちは、【カラフト】を知らない。」は、11月に行われる「全映協グランプリ2016」に出品されます。

映像作品はYouTubeからご覧いただけます。