News

「ETロボコン2018北海道地区大会 ガレッジニア部門」の公開が開始しました

 ETロボコン2018 がレッジニア部門の一般公開が始まりました。

 この部門は、ロボットにこだわらず、テクノロジーをベースに「新しい」「わくわくする」ものを作り、発表する部門で、その作品を動画サイト「Youtube」で公開し、一般視聴者からの「いいね」ボタンのカウント数とビデオ審査(特別審査員、実行委員会審査)の審査ポイントを加算し、その結果、上位4チームが全国大会へ出場することができます。

 この部門には、本学から1チームエントリーしています。皆様に、本学作品に対して、Youtubeでの「いいね」ボタンのクリックのご協力をお願いします。

プロジェクトチーム名
 稚内北星学園大学INNN
プロジェクト代表者
 本学教授 ゴータム・ビスヌ・プラサド
作品名
 Aamako Jato(アマコ ジャトー)
内容
 本学のゴータム教授が研究している、石臼をプログラム命令し、自動で動かすシステムです。スマートフォンの音声認識を使って、離れた場所から動かす事ができます。詳しくは動画で紹介しています。

動画へのアクセスはこちらです。

スマホの方はQRコードをご利用ください。

投票期間
 10月3日(水)10時〜10月10日(水)22時