News

学生制作の作品が北海道総合通信局長賞を受賞!

 北海道映像コンテスト2020において本学学生が制作した、「舳先を向けるは稚内」が北海道総合通信局長賞を受賞しました。
 本作品は、昭和20年代、200海里規制が入る前の全国有数の漁場として賑わっていた稚内の様子を関係者への取材と当時の映像で伝える内容となっています。
 制作にかかわった卒業生は、最盛期のころの稚内についてあまり知らない人たちにも今回の作品をきっかけに知ってもらえたらうれしいですと語っていました。
 また、北海道総合通信局長からは、今回の応募作品の中で最も地域の歴史文化を簡潔ながらも丁寧に紹介しており、地域に寄り添った作品ということで選ばせていただいたとコメントをいただきました。

 この作品は、今後、地方の優秀な動画コンテンツが集まる場において、北海道からの推薦作品の1つとなることも併せて語られました。

※受賞作品については、稚内市樺太記念館(入場無料)でのみ上映しております。

https://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/midokoro/spot/karafuto-museum.html (稚内市HP)