稚内北星学園大学

休学

 休学を考えている場合は、まず担任の教員に相談してください。(学生支援課でも相談を受け付けております。)
 休学手続は、「休学願」に保証人連署のうえ、必要があれば事由を証明する書類(診断書等)を添えて提出し、期日までに学長の許可を受ける必要があります。休学期間の学費は徴収せず、在学期間に算入しませんが、学期途中から休学する場合は学費を徴収します。
 また、休学期間満了前に、復学又は退学の願い出のない者は、休学期間を終えてもなお手続きしないものとして、除籍となります。

復学

 復学手続は、「復学願」に必要があれば復学の事由を記した書類(診断書等)を添えて提出してください。

退学

 退学を考えている場合は、まず担任の教員に相談してください。退学手続は、「退学願」に保証人連署のうえ退学事由を詳細に記し、学生証を添えて提出してください。

再入学

 退学した者が、再入学を願い出たときは、学長はこれを許可することがあります。

留年

 本学を卒業するためには、4年間で124単位以上の単位を取得する必要があります。同時に学科のカリキュラムで定められた条件も満たす必要があります。これらの条件が満たされない場合は、留年となります。

学年留置

 2年次から3年次への進級に際しては2年次までの取得単位数が50単位、3年次から4年次への進級に際しては3年次までの取得単位数が75単位未満の場合は学年留置(進級不可)となります。ただし、夜間主クラスの学生には適用されません。
※取得単位数には、教職課程科目(教職専門科目)は含まれません。

除籍

学則第18条第1号から第6号に該当する者は、規程により除籍となります。

除籍からの復学

 除籍された者が、復学を願い出たときは、学長はこれを許可することがあります。