デジタルで
未来を
つかむ大学

OC – 本校

稚内北星学園大学では、本学の魅力をお伝えするため、8月1日に対面式のオープンキャンパスを開催します。また、同日にオープンキャンパス講演会も開催します。多くのご参加をお待ちしております。
お申込みはこちらです

授業を体験!オープンラボ

いずれかをお選びください。

ゲームをつくろう!

 ゲーム制作のために必要なプログラミング環境のうち無料で使用できるものをいくつか紹介し、実際にそれらのプログラミング環境を使用してあらかじめ用意 したゲームの改良や、自分で簡単なゲーム的なものをつくるといった体験をします。

 プログラムの書き方を工夫することで少しの変更でも印象が大きく違うゲーム になることなども実感できるはずです。
 自分が意図した通りにキャラクタを動かすなど、実際にゲーム制作することで、プログラミングの楽しさを知ってもらえると思います。
 また、本学学園祭に来場した市民向けに学生が制作したゲームを紹介し、学生 が市民に楽しんでもらうために考えた制作意図なども通してモノづくりの楽しさを伝えます。

“蒼空”を体感しよう!~自動飛行プログラミング体験~

 無人飛行機:ドローン技術は盛んに研究されおり、新産業を創出し急速に成長を続けています。このオープンラボでは、本学研究室で取り組んでいる「ドローンの自動飛行プログラミング」を体験してもらいます。参加者のみなさまが書いたプログラミングで、自由にドローンを動かしてみましょう。

 併せて、昨年度より発足した飛行制御研究会「最北の蒼空」の飛行ロボコンへの取り組みやIoT及び飛行ロボットにまつわる研究の紹介をいたします。ラジコン飛行で多くの大会で優勝経験のある本学4年生の池田さんによる、飛行ロボット操縦の実演も予定しております。迫力のあるパフォーマンスは一見の価値がアリです。この機会にぜひご参加ください。

CGキャラクターを作ろう

 3DCGアプリケーションであるMayaを使用して、コンピュータグラフィックスによる映像制作を体験してみます。まず、簡単なモデリングによりキャラクターを作ってもらいます。次に色や質感を設定して、最終的にキャラクターをキーフレームアニメーションで動かしてみましょう。

大学生と教育問題を語ろう~ゼミ体験~

 プログラミング教育、タブレット端末導入、データサイエンスなど、学校では情報教育が目覚ましく発展しています。ICTの活用は、情報の収集から情報を使いこなす時代への新たな教育への転換です。必要な情報を活用する学習の個別化と学校という集団が生む多様性。新しい教育の可能性でもあり、教育格差・地域格差を生む懸念でもあります。

 今回のオープンラボでは、このような現代の教育課題を自らの高校生活に基づいたディベートやグループワークを通じて意見交換します。他者の意見により自分の考えが深まることや話し合いを活性化させるファシリテーターの役割を学生との話し合いから学び、ゼミの一端を体験してほしいと思います。

そのほかのプログラム

  • 学食体験
  • キャンパスツアー
  • オープンラボ
  • 入試&奨学金等相談

交通費は本学が負担します

1.道内から参加の高校生の方は、交通費全額補助(陸路)

参加者の北海道内(陸路)の移動に関する交通費を全額支給します。なお、北海道外からの参加の方は、北海道までの交通費は自己負担(ANA羽田稚内間便の利用者は二分の一を本学が負担)となります。

2.稚内市内での宿泊費は全額補助

稚内での宿泊費(1泊)を支給します。(ただし、宿泊先を本学で指定する場合があります)

3.大学~駅や宿泊先間を送迎

空港または駅~ホテル、ホテル~大学等はご送迎いたします。

詳細につきましては、お問合せください。
※1,2の交通費・宿泊費補助については、予算の上限に達した時点で補助が終了いたしますので、お早めにお申し込みください。お申込みはこちらです

8月以降はプライベートオープンキャンパスを開催!

 2021年も新型コロナウィルス感染症対策に伴い、従来のオープンキャンパスに参加することが難しい高校生の方が多いのではないでしょうか。本学では、参加者が希望しやすい日時に個別に大学を体験できるよう、プライベートオープンキャンパスを企画いたしました。多くのご参加をお待ちしております。プライベートオープンキャンパスはこちらをクリック

過去のオープンキャンパス動画

3分で分かる稚内北星学園大学の魅力(学生制作プロモーション映像)

お問い合わせ

稚内北星学園大学

北海道若葉台1丁目2290-28
フリーダイヤル 011-311-014
メール info@wakhok.ac.jp映像集

関連リンク

受験生の方へ
オープンキャンパス
OC - 京都サテライト校